とうとうLED光源のフルHD DLPが出た。以前からLEDのDLPは出ていたが、VGA解像度でハイビジョン再生には向かない。
DLPで3原色LED光源を用いることによりカラーホイールがなくなり、カラーブレーキングが発生しない。ランプ寿命が5-10万時間と長寿命(通常は2-3000時間)、省電力、高コントラストなどメリットが多い。
問題は値段が400万円を越えることだ。
しかし、HDのDLPプロジェクターでも、ひと昔前は数百万してたし、そのうちお手ごろ価格になることを期待する。
それまで今のXV-Z3000を使うか、お手ごろになってきたフルHD DLPのHC3800に買い換えるか。悩む・・

projectiondesign_fl32_1080