¥120,000 (定価¥577,500)
知ってる人は知っているトライゴン初のプリメインアンプ。希望小売価格は58万、中古ショップでも30万円は下らないハイエンドクラスのアンプである。それが某オークションでは12万円である。即決落札した。

そして今日届いた。セッティングした。アンプも温まってない状態でもやはり一味違う。
それまで使ってたソニーのフルデジタルアンプは、それはもう鮮明そのものであった。しかし、量感というか、迫力というものが感じられなかった。さらに原音忠実派なELACのスピーカーで聞くと如実に露呈される。全く味付け、音楽性が感じられない。しかし、それがフルデジタル。とことんまでロスをなくした超純水milliQのような音であるのだが、水清ければ魚棲まずの如くかもしれない。
このトライゴン エナジーはアナログアンプである。しかし、ボリュームをDACで高精度に制御するなど最新のテクノロジーも取り入れている。
なんというか臨場感がある。フルデジでは中低音がどうしても細った感があったが、これは何か芯がある揺るぎない音を出してくる。アナログといえど、鮮明さもフルデジに劣っていない。しかし、それでいて尖った感じはなく、聞き疲れしない音である。まぁ価格帯が別格なんで、比べるのもどうかと思うが。

そしてデザイン。本当はブラックではなく、シルバーが欲しかったのだが、いざ届いてみると凄くカッコイイ。白くでかいボリュームノブがアクセントとなって、マットブラックのボディに赤LED表示。そして無駄のないシンプルなボタン配置と両脇のヒートシンク。写真と実物では大違い。さすがデザインとテクノロジーが融合したmade in Germany!というわけで、アンプとスピーカーがともにドイツ製になってしまった。