¥250,000
中古ながら憧れのTIMEのフレームを購入。ツール・ド・フランスで新城選手も使用していたRXR ulteamである。極太のインテグラルシートポストが印象的なフランスハンドメイド

TIMEロゴの巨大な黒箱


とりあえずホイールが嵌まったので、エンドの異常はなし。どのチューブも非常に複雑な形状をしている。単純な円筒チューブが1つもないとは、さすがカーボンフレームの老舗TIMEである。トップとダウンチューブは、フロントからリアへ縦から横につぶれており、微妙なアーチを描く


巨大なインテグラルヘッドと幅広の翼断面型フォーク


最も特徴的な極太インテグラルシートポスト。そして、ラグにトップチューブを被せたような形状の芸術的なラグ。ブラックのロゴからは下地のカーボンが見える。


極太ダウンチューブの裏にもTIMEのロゴ


TTバイクよろしくリアタイヤがシートチューブに埋まり、見た目はかなりのボリュームがあるが、1.6kgの軽量フレームに仕上がっている。
シートステイのロゴ、ナノストレングスはアルケマ社が開発した技術で、ナノレベルの細かい粒子を注入することで、カーボンコンポジット母材を高密度にして分子(ナノ)レベルで強化されることにより衝撃や割れに対する耐久性が向上する。
RTM(レジン・トランスファー・モールディング)テクノロジーとは、フレームの部位によって最も適したカーボンファイバーの選択や、必要な強度の違いを自由自在にコントロールできるタイム独自のテクノロジーのこと


縦につぶれ、さらに下方が凹んだ複雑なチェーンステイ。タイムのフレームはチューブの裏であろうと、どこでも文字が入っている


白フレームは汚れ易そうでどうかと思ってたが、その不安を上回るカッコ良さ!今回はコンポも一新して、アルテ6700系で組立予定
→その2、ハンドル装着
→ヒルクラインプレ


フレーム素材 RXR ULTEAMウィッシュボーン・オプティマイズドカーボンHM+ベクトランチューブ
フォーク タイム・SAFE+2
BB規格 ENG(JIS 68mm)
カラー ホワイト
サイズ M
重量 1100g(フレームのみ)、1700g(モジュール)
定価 699,000円(税込)