座頭市逆手斬り
今は亡き寛美が贋座頭市として登場。ラストの殺陣では港町だけあって網を使ったトラップが仕掛けられて、刀捌きに不自由するが、阿修羅の如き二刀流再び!


座頭市地獄旅
羽生名人ばりの盤なし将棋が冴える。いきなり辻斬りみたいなことするので、レビューでも意味不明の感想多い。

座頭市の歌が聞こえる
謎の琵琶法師が神秘的な説法を垂れる。世話になった宿の子供が市の剣に憧れるのを止めさせるため、あえて泥水を飲む。かと思いきや、やっぱり斬ってしまう。市の耳を奪うため、悪党は太鼓を叩きまくる。