座頭市海を渡る
シマの拡大を狙う悪党とそれに対して何の抵抗も見せない農民たち。市が代わりに撃って出る!居ても立ってもいられなくなった若い農夫が「一粒の麦」となる。


座頭市鉄火旅
数え切れぬほどの悪党の血を吸った市の刀も、ついに寿命が来た。あと1人斬れば刃が折れるという事態に!ラストの殺陣ではドンキーコングよろしく樽が転がってくる。新仕込み刀は、樽の中からでも悪党を殲滅する。

座頭市牢破り
これまで斬りたくて人を斬ったことはないを錦の御旗にしていたが、今回は気に食わねぇ奴ぁ、斬るとはっきり言ってしまった。受身での居合いが信条だったはずが、ちょっとアグレッシブになってしまったか・・。手や首が斬れ飛ぶのは座頭市初じゃないか?

座頭市血煙り街道
生き倒れた母親に代わってガキを父の元まで運ぶが、父親はおらず事態は急展開。禁制品の偽造を企む悪代官連中を暗殺していく凄腕公儀隠密との対決は見もの!

座頭市果し状
ナイフや鉄砲の飛び道具が飛び交う中、とうとう市が撃たれた。半死半生の手負いのまま、市は世話になった医者と娘を救出に向かう。

座頭市喧嘩太鼓
借金のカタに売られた女のため、市が人肌脱ぐ。ラストの刺客との一騎打ちでは転げ回るわ、敵に背を向けるわ全く型破りな殺陣を披露。