本体   ¥ 117,169(アーチホールセール)
5年延長保証料 ¥ 5,858(ワランティマート)

帰宅後、新聞のTV欄を見たら面白そうな番組がすでに終わっていた。野球延長や予期せぬ番組変更で予約録画が録れておらず、無念の涙を呑んだというような経験は誰しもあるだろう。SONYなどそのような録り逃し対策のCMをしているが、どれほど効果があるのかいまいちよくわからない

見逃し・録り逃し対策には単純明快に全チャンネル、全番組を録画するしかない。さすがに無数にあるチャンネル全てを録画できないが、このレグザサーバーM190は4TBのHDDに地デジ6チャンネル分、最長15日間の全番組録画が可能であり、EPGから気軽に遡って再生できる。気に入った番組は内蔵または外付けHDDにダビング可能。まさに究極の見逃し、録り逃し対策である。これまで予約録画するまでもなく見逃していたニュースや情報番組も気楽にいつでも鑑賞でき、またゴールデンタイムに見たい番組が重なって見られないということもなくなる。まさにレコーダーの改革といって過言ではない。幸いにも、REGZAのTVを使っているので、LAN経由でTVの外付けHDDのデータをレコに無劣化でダビングできる。

しかし、このレグザサーバー、ネットの評価ではエラーや故障の書き込みが多い。ということで5年延長修理保証に入った。保証会社のワランティーマートは他より幾分か補償料が安いようだ。

商品が届き、ケーブル類を接続するが地デジが映らない・・。受信レベルが全く足りない。ケーブルや接続に異常はなく、途方に暮れていたが、マニュアルに挟まれていた「地デジを受信するために」という一枚の紙を参考に、アンテナ設定を「モード1(標準)」→「モード2」にするとあっけなく映った。
「全て初期化」でHDDを初期化後、各種初期設定。そして無線LANからサーバーアップデートで最低限のエラー予防対策を行なう。今のところタイムシフトは5日もあれば十分なので、日曜はAM7~AM4時、それ以外はAM11~AM4時のDR録画に設定。AVCトランスコードがない分、エラーも少ないと思われる。通常録画、予約録画は2TBの外付けHDDに設定した。録画番組のCMカット、マジックチャプター。倍速再生も便利。
そして何よりTVの画質がよくなった。TVもREGZAだが、レグザサーバーから出力したほうが明らかにクリアでノイズが少ない。