蓮如の里~塚林道~高倉峠~冠山林道~冠山峠~かずら橋~R476未開通区間~R201(周回) 曇り
距離:102.5km | 最大標高差:1014m | 獲得標高:1711m


750 大津 発
1010 今庄 神明社付近 着 
1030 
サイクリング
1040 交流センターきらめき グラウンドでコントロールライン日本選手権開催中!模型飛行機をヒモでぶん回す


1110 蓮如の里 迫害された蓮如上人隠遁の地


1115 
塚林道通行止看板 ネット情報ではイケる!ということなので、迷わず前進


工事用トラックが上ってくるのが見えた。青山高原の時のように工事で通行不可か不安になってきた・・


トラックが迫ってくる気配もなく、深い山中、さらに高度を上げる


向かいの山上部にガードレールが見えると、いい加減ウンザリする


2時間近く上りっぱなしだが、景色は最高



1245 
高倉峠 標高960m(持参GPS表示) すすきに覆われた静かな峠。ランチをとる


1300 高倉峠をピークに今度はひたすら下っていると、リアタイヤからシーラントの白いスプレーが!よく見ると、3㎜ほど切れている
 しばらくすると空気漏れが収まったので、1気圧まで減った空気圧を再び2.5気圧まで戻し、走行再開


1320 
第一崩落地 大きく抉れているが、道幅は十分残されている


1335 
第二崩落地点 ここも問題なく通過可


1355 
塚・冠山林道分岐 
塚林道側には立派なバリケード。山中で見かけた多数の車はどこから来たのか!? お次は右の冠山峠方面へ


急登で疲労度UP!休憩回数が増す。上部は渋峠を思わせる、視界が開けた絶景ライン


1505 
冠山峠 標高1050m(持参GPS表示) ガスって何も見えず。日が差さないためか、かなり寒い


3m近くある大岩を用いた立派な石碑


山ひだを縫う豪快なダウンヒル。1年近く崩落で通行止だったのも分かる




1610 祖谷渓の有名なかずら橋がここにも


通行料300円かかるので渡らず


***国道476号未開通区間探索***
新保~杣木俣の数㎞ほどが未開通だが、もし通過できればかなりショートカット。これは探索せねば!


1700 
国道476号通行止看板 ここからはダートだが、2本の轍はしっかりある。


1715 左のダートはフェイクだった。GPSでは右の細いアスファルト道が
杣木俣へ向かっているようだ。日没間際の貴重な時間を無駄にした


林間のアスファルト小道もすぐダートになり、さらに急登に・・


1750 
GPSで道が無くなる200m手前からかなり草深く、さらにぬかるみで自転車曳いて歩ける状態ではなくなった。日も落ちたので遭難する前に撤退した


フラットなダートだが、暗闇のなかMTBライドは危険すぎる。2㎞ほど無念の押し歩き

実は日暮れ前に新保の集落で迷っていた時、住民にR476は通行できないと聞いていた。そんなはずはない!知らないだけだろと思っていたが、やはり地元民の言うことに間違いはなかった・・


1815 R476通行止看板 
 ようやく舗装路に帰還、未開通区間はやはり不通だった。その後、当初予定していたR203の峠越えは暗闇で危険と判断し、遠回りだがR201を経由。街灯点在で夜間でも安心。北陸道沿いの広域農道も快適走行。GPSはバックライト点灯して迷わず帰還できた。

2030 神明社付近 着 
サイクリング
 暗闇の中、ようやくスタート地点に到着すると警察官
が3名いた。駐車場所は公共パーキングエリアなので問題ないが、朝から晩まで無人の車が停まっているので、地元民に通報されたようだ。平謝りしながら事情を説明すると、大変感心されて、懲りずに今後も頑張って下さいと励まされた

2140 
しきぶ温泉 ¥550 
近場で23時まで営業(22時受付終了)しているのはここだけ。加水なしのぬるぬる重曹泉。湯温のバリエーション豊富な浴槽、小さい露天も


130 大津着
 帰りは高速道は使わず、のんびり国道8→161号線で帰宅。比較的近場ということで油断し、出発が遅れたのが最後まで響いた。美しすぎる林道の写真撮影(100枚以上)で牛歩だったのもある。