¥181,099(税込・送料無料)Amazon
クポーンで5,000円引き。さらに5万円以上高い4K有機ELもあるが、4Kコンテンツは普及していないのでフルHDで十分。韓国製で多少不安だが、今年から発売される国産有機ELテレビは全てLGパネルなので、もはや一蓮托生。
仕様:122.5×76.0×20.8cm / 15㎏(スタンド含)


配達時、ヤマト宅配員2人がリビングに設置してくれたが、配線接続や映像テストまではしない。アンテナ設定そっちのけで、さっそくレグザサーバーとHDMI接続し、フルHDコンテンツを見る。今までに見たことのない、クリアで鮮やかな映像!髪の質感や服の皺の再現など、そこに実物があると錯覚しそうなリアルさ! しかし、白系の表現は輝度制限があるためか、全白はペールホワイトっぽい。お陰で照明落としても眩しさはなく、目に優しい。逆に全黒に近い場面だと、昼間など明るい環境では映り込みが気になるが、自発光素子による圧倒的な暗黒表現はいつもハッとさせられる。映画などプロジェクターによる迫力ある大画面もいいが、圧倒的クリアさの有機ELも捨てがたい・・


さすがに地デジになると、粗さやモスキートノイズが目立つことがある。4Kだ8Kだという前に、コンテンツのフルHD化が先だ。いつまで横1440px、低ビットレートで配信するつもりなのか。大体50インチ程度では、4Kどころか2Kですでに解像限界に達していると思う。
本TVでは、すでにNetflixやアマゾンプライムビデオ、U-NEXTなどのアプリを内蔵している。無線LAN搭載で、WIFI経由で手軽にネットオンデマンドが楽しめる。Netflixの無料体験を試してみた。Wimax2でHDコンテンツをストリーミングできるか不安だったが、映像の乱れも一切なく安定して2K映像を楽しめた。アバターを試しに見たら、動植物のぬるぬる感、森林風景や戦闘ヘリの精密描写に、結局最後まで見てしまった。月額980円で高画質の映画やドキュメントコンテンツが見放題。蟲師の第1、2シーズンもリリース!これは加入しても損はない。YouTubeでMVを高画質大画面で見るのも楽しい。

総括
家電メーカーも売場も儲けの大きい4Kを主流にしたいらしいが、まだまだコンテンツも価格も普及レベルにない。価格・技術とも成熟した2K大画面は縮小しているが、2K有機ELを見る限り、もはやこれ以上の高画素は必要ない。国産メーカーは4Kなど手を出さず、地道に有機EL開発を続けていくべきだった。確かに本品は、国産メーカーがどんなに頑張っても量産できなかったRGB有機ELパネルではなく、白色有機EL+カラーフィルタ式であるが、それでも液晶とは比較にならないクリアな映像!日本が見捨てた技術をあきらめずに、世界で唯一大画面パネル量産化まで持っていったLGを称賛したい