以前に車中泊用組立式ベッドフレームを作成したが、面倒臭く全く利用しないので、自宅用ベッドフレーム向けに改良した。総額はおよそ1.5万円

構成パーツ
イレクターパイプ 90㎝×13本
イレクターパイプ 45㎝×6本
十字ジョイント 1個
T字ジョイント 2個
3又ジョイント 4個
4又ジョイント 2個
直交ジョイント 4個
エンドキャップ 8個
エンド足(丸型) 4個
エンド足(角型) 2個
ステンレスメッシュ(90×90㎝) 2枚
スチール板金80㎝ 4本

ベッド足を45㎝に伸ばし、下に収納ボックスなど置けるようにした。
直交ジョイントで転落防止柵も増設


十字型にフレーム補強し、スチール横板・金網は結束バンドで固定


スプリングレスマットレス、マニフレックスFXがピッタリ嵌まった。全高70㎝にもなるので、寝ている時に落ちたらタダではすまない。15㎝ほど突出た2本のパイプは体をしっかり受け止め、マットレスのズレ防止にも貢献


総括
以前はベッド床が薄いMDF板だったので、蒸れ防止にすのこを敷いていた。本作はスカスカ通気性抜群なので、そんな対策は要らない。何度でも組替え可能なメタルジョイントで全て作成したので、ちょっと金がかかった。でも、相当な重量がかかるベッドフレームで安価なプラジョイントは精神衛生上使いたくない。