御池林道~大杉林道~犬上ダム~萱尾蓼畑林道~永源寺ダム~永源寺(周回) 曇り
距離:73.0km | 最大標高差:594m | 獲得標高:1202m


430 東大阪 発 ~滋賀の絶景林道を走ろう~
700 政所付近 着 曇りがちで風もあり、少々肌寒い
725 サイクリング
735 蛭谷 木地師(ろくろで木工品を作る職人)発祥地

 
748 君ヶ畑 山村にしては立派な家屋が多い


750 御池林道 起点 すでに全線舗装化


美しい御池川沿いを北上




805 御池/小又谷林道 分岐 藤原岳への登山道




人知れず断崖に咲く山桜、いとをかし


825 御池/瀬川林道 分岐 絶景と評判の大杉林道(仮称)はまだ先・・


こんな形式のゲートは初めて見た


855 御池/大杉林道 分岐 
標柱などはないが、ここがミノガ峠らしい。そして、左に伸びる道が目的の林道だろう・・


いきなりガードレール上まで土砂堆積の洗礼。GPSでもこの先のルートは表示されず、不安な


ダートはよく締まっており、道幅も広く危険は少ない


東近江市街、琵琶湖を垣間見る


たまに凸凹あるが、MTBで走れないところはほとんどない


見間違えかと思うけど、思いっきりルートが山の上まで伸びているような・・


ダートなのに一直線に上っている。途中の芝生でランチ摂る
 

法面の節理の断崖は見応えある。火山地帯だったのか


急勾配ダートなのに、意外と難なく上れた


のぼった先のピークからは大展望が広がる。滋賀でベスト1林道と言っても過言ではない



よくまぁ、これほどの絶景林道を一般開放してくれたもんだ!


琵琶湖の眺望ポイント Part2


それにしても、ここの法面は面白いなぁ


砂岩の法面まで現れる。バリエーション豊富だ


ようやく下り出す。ラストが近いか


GPSでもようやくルート表示される。狭くて見通し悪い、旧規格の林道


本ダートで出会ったのは、ジムニー1台、オートバイ2台



 
峠を下りきり、コンクリ舗装が出現




・・と思ったら、またダートになったり


岩石フィルターかな


1015 大杉集落 明るく美しい山村




ダートも終わり、R34を南下していく


1030 犬上ダム 堤高45mの重力式コンクリ


天端も通行可






さらにR34南下。ダム湖に沈みつつも、生きている樹木は神秘的


湖尻から伸びるダート、どうやら周回できるらしい。これはイクしか


明るくフラットで走りやすい


1111 犬上ダム あっけなく一周終了。途中に支線多数あり


R34は樹林帯あり、渓流沿いありの景勝ルート


大萩の分岐手前、ちょっと怪しげな施設あり。浜村淳を思わせる「ありがとう」連呼


1215 蛭谷 今朝、気になっていた資料館前に戻ってきた


こじんまりした境内と年季の入った本殿


奥に資料館があった。そして、施錠されていた。どうやら入館には予約が要るらしい


永源寺までさらに南下。近代的な建屋の政所小学校は2009年廃校


萱尾蓼畑林道 ツーリングマップルで「短いがハードなダート」とコメントあるので寄る


見事に全線舗装済! やっぱ10年前のツーリングマップルはアテにならん


入口15mだけダート残る


1250 永源寺ダム湖をCCWで周回


犬上ダム湖畔と違い、アップダウンあり。湖の規模もでかい




1310 永源寺ダム 堤高74mの重力式・ロックフィル複合ダム


1330 永源寺 裏口から参拝。御朱印所で志納料500円納める


新緑が清々しい山門


本堂内も拝観


パンフレットには記載ないが、寺社裏に遊歩道あり


四国八十八ヶ所を60分で巡れるらしい


1番札所 霊山寺を参拝する


永源寺の駅 
補給食も尽き、食事をとる。手打ちソバも、新鮮でやわらかい岩魚塩焼きもウマい!なかなか本格的だ


永源寺ダム湖沿いのR421北上。予想外に車の通行多い


1520 政所付近 着 サイクリング 


永源寺温泉 八風の湯 ¥1,500 
連休で寄り道したくないので、帰り道にある温泉に寄った。アルカリ泉の湯はあまり特徴なく、塩素臭い。サイクリング後ちょっとひとっ風呂には、料金が高い。休憩所は充実しているので、健康ランドのように長時間ノンビリするにはいいのかも・・


1840 大津実家 着 渋滞の高速道は使わなかったが、一般道でも意外とスムーズだった

総括
これまで走った滋賀の林道は、展望も乏しく寂しいものが少なくなかったが、大杉林道(仮称)は明るく開放感あり好印象!ピーク辺りは、王滝の氷ヶ瀬小俣林道を彷彿とさせる絶景だった。舗装化だけはされないことを祈る