大阪市立科学館                              曇り雨
日本を代表する科学センターの1つ。4階建ての各フロアには学習・体験施設が充実
13時半に到着すると、すでに15時までのプラネタリウムのチケット完売
17時の「天の川をさぐる」のチケット(¥600)を購入し、それまで科学館を見学(¥400)


4F 宇宙とエネルギー
太陽の直径は地球の110倍! 模型で見るとそのケタ違いのデカさがよく分かる




サツマイモのような小惑星イトカワ


満身創痍になりながらも、イトカワのサンプルを地球に持ち帰ったハヤブサ


貴重な隕鉄にも触れる


元素周期表 実物見本あり


_悲願の日本人発見・命名の新元素「ニホニウム」特集


日本人ノーベル物理学賞受賞者を2人も出した、カミオカンデ


実物の光電子増倍管は巨大。これがプールの壁面一面にあるとは・・


伊能忠敬の高精度測位に欠かせなかった象限儀(レプリカ)


人工ブロッケン現象


エネルギーの歴史コーナーでは、蒸気機関から内燃機関、電力まで紹介




1フロアだけでも2時間は余裕。一度外に出て休憩。当日は何度でも再入場できる

3F 化学
鉱物や工業製品など豊富な陳列






~プラネタリウム~ 
開始10分前には入口で大行列。もちろん最終上演まで全チケット完売!


世界最大級の26mドームは圧巻! 
リクライニングシートで見やすい。映画館もこのように寝ながら見れるようにして欲しい


総括
科学館4Fだけでも小さな博物館レベルの情報量である。しかも、科学・宇宙に詳しくないと内容を理解できないだろう。子供は2Fの体験コーナーで遊んでいろということか。でもこのスタンスも悪くない。
プラネタリウムは広大で映像も美麗!何よりナレーターのお姉さんの癒される声で何度か落ちた