朝から自転車に乗っていた
近くのカーシェアで車借りて、京都の山中をサイクリングする予定だった。
土曜なので、中高生の自転車通学もチラホラ・・
赤信号で信号待ちをしていたら、突然後ろから衝撃を受け、ロードバイクは股下から飛び出した。
信じられない!自転車にカマ掘られた
ザックを背負っていたので怪我はないが、そんなことよりバイクだ!
高校生らしき男が平謝りしていたが、顔すら見ず無視してバイクをチェック!
7年前にTIMEのバイクに替えてから、衝突事故はもちろん、落車すらせず慎重に走ってきた。それが間抜け男のせいでダメになるのか
しかし、フレームにキズや歪みもなく、変速も正常だった。男は十数回謝った挙句、逃げて行った。
さらにバイクをチェックしていると、リアホイールが振れていた
買って1ヶ月も経っていないシャマルウルトラが~!!
追いかけて弁償させようかと思ったが、振れ程度で大人げないのでやめた。しかし、もう遠出どころではない!怒りと絶望で何もやる気がなくなった。本日の計画全キャンセルで帰宅
家に戻ってからもリアエンドの歪みなど入念にチェックしたが、フレームにダメージはなかった。幸いにも信号待ちでサドルに乗らずに左足で立っていたため、衝撃の大半が逃げたのだろう。
買ったばかりのホイールを犯された怒りは収まらないが、ショップで直してもらうしかない。
昼過ぎから振れたホイール持って、一度も行ったことがない大阪船場の「のむらぼ」へ
13時から開店のはずだが、閉まっている。電話しても出ない。この店は腕はイイが、一見の対応は最悪らしい。
コスミックカーボン持った先客が居たが、彼も途方に暮れていた。やはり電話して確認すべきだったか・・
15分待っても状況に変化はないので、地下鉄まで戻る。次に近くで診てもらえそうな所と言えば、、梅田のシルベストか。


「修理をお願いしたいのですが・・」「振れ取りです」「後ろからぶつけられました」
スポーツマンらしからぬ、眼鏡かけた線の細い小柄なスタッフに声をかけた。クライマー体形だ。
「G3はリムが中空で。歪んでいる場合、完全に治すことはムリかも知れません・・ごにょごにょetc.」
5分近く予防線のような説明を受けて、診てもらった。
展示バイクを見ながら、いまだに後悔が尽きない。大枚をはたいた人生で一番高いホイールが、さっそくキズモノか・・
何が悪かったのか。なぜもっと早く出なかったのか。なぜ間抜け高校生は、見通しの良い道路でカマを掘るのか。ダンプカーの鉄バンパーに突っ込んどけよ!
20分ほどで修理は済んだ。「なかなか良いデキだと思います。」
笑顔1つ見せず、神経質そうなメカニックさんが呟いた。
「おお~!ありがとうございます!」
どんなデキか確認できないが、いい出来なのだろう ちょっと心が晴れた。
「11速ホイールに10速カセット使ってますが、スペーサーがないようですね。わずかにガタがあります」
「!? そうですか。入れ忘れたかも知れません。見ておきます!」
振れ取りしか頼んでいないのに、関係のないスプロケまで診ていたのか!? このメカニックさん、かなり優秀かも知れない・・
そう言えば、ユーラスからシャマルにスプロケ移す際、ローギア下にリングが挟まっていたのでテッキリこれがスペーサーだと思っていたが、違ったのか? 道理でちょっとガタがあるなと感じていた。
修理代¥1,080を支払い、せっかく梅田まで来たのに、どこにも寄らず帰宅。
さっそくスプロケを外し、シャマルに付いていた銀の輪っかをフリーに嵌める


わずかに感じていたガタが全くなくなった。シャマルに替えてからチェーンノイズが大きくなった気がしていた。今はテンションプーリーのゴロゴロ感もなくなり変速も良くなった
そして、肝心のホイールの振れは・・全く無い
思いっきりぶん回しても1㎜もブレていない。縦振れも見られない。正直、好印象とは言えなかったが、腕は一流だ!メカニックは斯くあるべし
今日の厄災は、きっと天からのメンテ不備の啓示だったのだろう。