ハードテイルMTBオーバーホール ¥68,796 ラビットストリート江坂店

スペシャMTB(中古)を買ってもうすぐ3年だが、全くメンテしていない。ロードバイクと違って、油圧ブレーキもエアサスフォークもブラックボックスすぎて手が出せない。圧入式BBとか、意味不明・・


携帯ポンプを買ったついでにオーバーホールできるか聞いてみた。基本料金3万円+交換部品代で持ち込みバイクOK! しかし、替えたばかりのチェーンを交換しようとしていたので、「チェーンとタイヤ、ブレーキパッドは交換しなくてイイです」と念を押した。
さらに、別料金になるがハブグリスアップもお願いした。カンパのカップ&コーンは何度もメンテしているが、DTスイスのシールドハブはよくわからない。オーバーホールできるか聞くだけだったのに、気が付いたら即日MTB入院で電車で帰宅していた(2/25)


店員には3週間くらい掛かると言われたが、いつまで経っても連絡なし。店に電話したら、「まだメーカーからサスが返ってこないので、もう少しかかる」とか。確かにバイクはスペシャのレース機材、S-WORKS WCモデル。サスも超軽量レース用SID WCなので部品が特殊なのか(3/17)

ほぼ1ヶ月経過、「サスのパーツ交換で1.5万円ほどかかるが、どうするか?」と電話がきた。
どうもこうもよく分からないが、「必要なら交換して下さい」と言っておいた。
「ご希望のチェーンやタイヤ交換なしで、オーバーホールとハブメンテしていきます!」と言われた。1ヶ月経ってまだオーバーホールしてないのかと呆れたが、冬はスキー or ロードバイクで近場サイクリングしかせず。MTBで寒い山中には行かないので、むしろ部屋が空いてイイかも(3/22)

もう春になってしまったが、いつまでメンテしているのか不思議になってきた。こんな回転率の悪い商売があるのか? それとも持ち込みバイクは後回しなのか・・
「大変遅くなりましたが、完了しました。いつ取りに来れますか?」、もうすぐ3ヶ月になろうかという頃、再び電話がきた。結局、最終見積もり金額も知らせず、メンテ完了したのか?
「料金はいくらですか?」、法外な値段を言われるかとドキドキしながら聞いた。
「68,***円です。」、よく聞き取れなかったが、7万あったら間に合いそうだ。
「今週は行けないので、来週末伺います」、向こうも場所を取るバイクと代金を早く交換したいだろうが、こちらも予定がある。(5/16)

来店し入院日にもらったOH依頼書を渡すと、懐かしのマイMTBが出てきた。チーフっぽいスタッフに交換パーツやメンテの説明を受けた。BBの左右ベアリング交換、ブレーキフルード&ホース、シフトワイヤー全交換。リアホイールのスポーク組みが一箇所逆だったようで、組み直したらしい。タイヤシーラント入替え。ハブグリスアップだけでなく、フリーもメンテしてくれたようだ。気が利く。エアサスの内部クリーニング、パッキン等交換。OH後、前ブレーキが音鳴りするようで、その場で純正パッドに無料で交換してもらった。サグ出しも手伝ってもらい、18%沈み込み・110psiに設定
結局、説明&調整で1時間半くらいかかった。調整中、修理報告書を読んでいたら「他社のスキュアーは、絶対使うな!」と書いてあった。ロックショックス純正よりFOXの方が使いやすいので、嵌めていたのがバレた 「エアサスメンテは50時間毎」とも書いてあった。毎週乗ってたら1ヶ月ちょっとでメンテなのか!? スタッフに尋ねたら、「これは少々大げさで、1年毎の人がほとんどですね~」と言われた。年1でもこの金額はキツいのだが 毎年、数えるくらいしか遠出していないので、中古車並みに2年くらいが無難かも
久々にMTBに乗ったので明確な比較はできないが、非常に扱いやすく走りやすい あらゆるベアリングを交換、またはグリスアップしたためヌルヌルとよく回る。サスも滑らかにショックに対応している気がする。シフティング・ブレーキタッチも絶妙。バイク入院中、フルサスにも興味が出ていたが、やはり決戦用ハードテイルの軽さと走破性の両立は捨てがたい。(5/26)