センサー・マウントなし ¥66,900

3年前に1000Jを購入し、サイクリングで大いに活用している。もはやGPSなしで未知ルートのツーリングなど怖くてできない。鉄筋コンクリ造りの部屋でも測位し、電子デバイスの驚異的な進化に畏怖すら覚えた。
そして最新機種1030Jでは、ランタイムがさらに5時間伸びて、20時間のロングライフ。重量8.5g増だが、許容範囲。画面は0.5インチアップの3.5インチ。でも、お高いんでしょう?と思っていたが、センサー&マウントなしが6万円台で手に入った。ケイデンス・心拍センサーなど面倒で使わないし、マウントは1000J対応品を使い回せる。


1000Jにあった正面のスタートボタンがない!? どうやってスタート押してマップ出すのか考えていたら、下側面にしっかり2つ物理ボタンがある。ゆえに使い勝手は全く変わらず、スマートな配置になった。1000Jで唯一不満だったのが、充電用USB端子が裏にあり、保護カバーもペラペラ鬱陶しかった。しかし、1030ではクレームを反映したのか充電用端子を側面ボタンの間、中央部に配置。カバーも全開でノーストレス。
1000Jのマップ画面は縦長の印象があったが、1030では横の広がりがUPしたことでさらに見やすくなった。走行距離・時間や現在速度などのパラメーター画面も笑ってしまうくらい数字がデカい


総括
1000J発売時のインパクトが強すぎて、ちょっと影が薄い1030J。しかし、マイナーチェンジながら1000Jでの細かい不満点を全て克服してきた。マップの見やすさといい、操作・機器接続の配置といい、全く不満がない。唯一難点は、いまだにマップのノースアップ⇔ヘッドアップ変更がナビ設定の奥深くにある。ナビは使わないし、一度ノースアップにしたら買い替えるまで変更しないからいいけど・・