DT240ハブ(シマノ11s対応) ¥279,720(7,797 ポイント還元) Yahooショッピング

購入動機
最近はチューブラーやクリンチャーより、転がり抵抗が低いチューブレス(TL)が注目されている。しかし、BORAやレーゼロカーボンなどの欧州カーボンクリンチャーは、いまだにTL非対応。さらにワイドリム化では27~29㎜が当たり前の米国勢に比べ、24㎜台と出遅れ感あり。
カーボンパーツ新興メーカーENVEは、カーボンクリンチャーでTL正式対応。独自のモールド成型技術により、耐久性・信頼性もMTB業界でお墨付き。ブレーキ面は特殊加工と耐熱素材により、制動力と熱問題に対策している
新しいSES3.4リムは内幅21㎜/外幅27.5㎜、リム高:前38㎜/後42㎜。旧式より1.5㎜太く、前リム高3㎜UP、後3㎜DOWNで前後差は10㎜→4㎜に下がった。後リム高は、前ほど空力に効果的ではないことを反映した。また、空気のヨー角はリム幅が広いほど有位らしい。横風に弱いディープリムでは特に重要になる


開封の儀
ビニール密封された前後ホイールを取り出す。黒光りするカーボンリムにブラックロゴがシブい! ブレーキ面は、大根が下ろせるほどの緻密なギザギザ加工


カーボンリム用ブレーキシュー(8個も!)やチタン製スキュアー、TL化キット(TLバルブ&リムテープ)が付属する


タイヤは転がり抵抗の低さ世界一に輝いた、TTレース用ビットリアのCORSA SPEED TLR。TL化には加工と気密層安定に時間を要するので、まずはブチルチューブを突っ込んでクリンチャーで走ってみた。25Cクリンチャーの推奨空気圧がわからないが、6.5気圧でかなり固いので、これに設定


インプレ
人生初のカーボンロードホイールなのに、無茶とも思えるいきなり十三峠ヒルクラTT。カーボンホイールと言えど、クリンチャー版では高級アルミホイールと変わらない重量(スペックは下記参照)。しかし、平地走行では時速30㎞後半からの伸びが良い。今までより軽い負荷ですぐに時速40㎞オーバー。クリンチャーなのに乗り心地も、TL+アルミナローリムと変わらない快適性がある これはカーボンリムしか成しえない、内幅21㎜の超ワイドリムによるエアボリューム増大の効果だろう
問題の十三峠ヒルクラTTだが、自己ベスト22分台⇒驚異の20分台突入 これはホイールだけでなく、最速TTタイヤ+体重2㎏減の相乗効果が効いている。今日は重力に引戻される感が少なかった。ホイールは剛性感あり、スッキリ踏み込め回しやすい。タイヤもグリップありながら抵抗なく転がり、シットリ感すら漂う上質な乗り心地。
そして、上ったからには下りが待っている。これまでカーボンホイールへ頑なに換装しなかった原因が、峠下りの熱問題である。ブレーキのかけ方を誤れば、熱暴走でリム破断の可能性大。今でもラテックスチューブ禁止! 掟を破れば、バーストし大怪我もあり得るという禁断の機材である 上りでは3人ほどサイクリストを追い抜いたが、下りは亀のように慎重で2人に抜かされた。ブレーキ音はこれまで聞いたこともない「キーン」という、ジェットエンジンのような高音を奏でる。制動力はアルミとほぼ遜色ないが、2秒以上レバーを握らないように、強めブレーキを間欠的にかけるよう心掛けた。峠を下った直後、恐る恐るリムを触ってみたがぬるい程度で全然加熱していない!冬で気温低いこともあるが、ENVEブレーキシューがブラックプリンスのOEM品であることも関係しているだろう。このシューはリムが熱暴走しないように低温制動するらしい。初っ端なので、ビクビクしながら下っていたが、もっと大胆でも大丈夫だろう。油断は禁物だが
ディープリムは横風との闘いでもある。たまたまこの日は風が強く、コンビニのぼりがはためくほど。峠下りで煽られるとちょっと怖かったが、実際は大してハンドル取られていないだろう。リム高4㎝前後なので、それほど影響されることはない。DT240ハブも静かでよく回る。マイMTBもDT240だが、ジリジリ五月蠅い。一度診てもらおう


総括
TL化の時間が取れず、急ごしらえのクリンチャー試走だったが、それでも十分すぎる快適性。クリンチャーのお手軽さに堕ちそうだ・・。TL化したらどうなるか、想像すらつかない。
カーボンクリンチャーはカーボンチューブラほど軽量ではなく、アルミリムほど使い勝手が良くない。しかし昨今、軽量化より転がり抵抗が重視されつつある。転がり抵抗の低さに定評を持つTLに対応し、重量増を抑えながらワイドリム化とディープリム化するにはカーボンクリンチャーしかない。ワイドリム化によってタイヤ幅もエアボリュームも増し、タイヤのヨレが抑えられる。これにより同じ25Cでも、さらなる快適性と転がり抵抗低減を図れる。これからはグランツールでも、間違いなくカーボンクリンチャー(TL)ホイールの時代が来る

【付属品】
-Tubeless Kit (Clincher only)
-Ti Skewers 100/130mm
-Brake pads 10mm (SRAM/Shimano or Campy)
-Valve Extenders (34mm set)
-Accessory Bag
-Wheel Manual
-Wheelbuild Card

【製品仕様】
CLINCHER:FRONT/REAR/WHEELSET
リムの重さ:432g/439g/871g
DT 240:674g/802g/1477g

RIM SPECS:FRONT/REAR
Depth:38mm/42m
Internal Width:21mm/21mm
External Width:27.5mm/27.5mm
ホールカウント:20/24
Effective Rim Diameter:580mm/573mm
Aero Optimized Tire Size:25c/25c