クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん
例えロボットであろうと、そこに生前の肉親の意識があればそれは紛うことなき肉親ではないのか。体とは意識という個性を納める只の器でしかない。もはや、それがコピーであろうと、ロボットであろうと違いを定義することはできない。


おとな帝国の逆襲
なぜ子供の頃の思い出はいつまでも色あせず、黄金期なのか。それがあるだけでも両親に、社会に感謝せねばなるまい