近江八幡 太郎坊宮 晴れ

勝利の神様として幾多のアスリートが訪れる岩山。ご祭神は、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊




麓から742段の石段を上る


幅80㎝の夫婦岩を抜けると、


東近江が一望できる展望台に到着


本殿



~スイフトスポーツ インプレ~
1.4L直噴4気筒DOHCターボ。140馬力、トルク23.4kgm。6AT、車重990㎏


走り出してまず感じるのは、圧倒的な軽快さ。アクセル踏みこんだ瞬間にすっ飛んでいく。高排気量車の馬力まかせの加速やハイブリッドカーのモーターアシストとは異なる、軽量化と高剛性の成せる爽快な加速感。峠でも羽が生えたように軽々上っていく。変速ショックやターボラグを感じることもなかった。


サスなど足回りはあまり高級なものではないが、振動吸収性・旋回性・巡行性で不満点なし。強いて言えば、もう少しセッティングを詰めてターン時の接地感を上げたい。


走り出しでP→Dにシフトする時、D直下のMまで一気に下してしまうことが多々ある。Mモードはストッパーを設けるとか、横へ入れるとかできなかったのか・・
セーフティーパッケージでは、単眼カメラとレーダーのデュアルセンサーが付く。車線逸脱センサーは、ビックリするくらいの警告音が鳴る。車線逸脱するくらいだから、ドライバーが寝ぼけているとでも思っているのか。あまりに五月蠅いので切った。
高速道路で便利な自動運転ACCだが、前車追従と車線逸脱補助の機能しかない。ハンドル制御なし。ゆえに、アルファードのようなレベル3相当の自動運転は望むべくもない。せめて加減速くらいはやってくれるかと思っていたが、前車に追いつくとエンジンブレーキでやんわり減速することもなく、一気にブレーキをかける。初心者レベルのギクシャク走行なので、高速道路でもACCは使わず。セーフティーパッケージは、追突防止の最後の砦でしかない。


ストップ&ゴーで燃費の悪い市街地や峠走行でも、平均燃費13㎞/L。これでも隙を見ては、加速Gを感じるほどの急加速をかましていたので、超エコ走行なら15イクだろう


ポジションライトは、アイシャドウのようにヘッドライト下部輪郭が点灯。ヘッドライトもLEDになり、白っぽく明るい。ハイビームアシストも高レスポンス