Black 700 x 25C ¥6,621 BIKEINN
ヴィットリア Corsa Speed TLRを履いてほぼ半年、その圧倒的な転がり抵抗の低さと、それでいてしなやかな乗り心地に酔いしれていた。しかし、1,200㎞走った辺りでリアのパンクが頻発。幸いにも、シーラントですぐに塞がる症状ばかりだった。フロントはまだしも、リアはもう少し耐久性のあるタイヤに交換せねば・・
ネットで調べていると、何とヴィットリアからグラフェン2.0搭載タイヤ登場! 以前よりタイヤ性能が飛躍的に向上したらしい。


これ以上の性能UPなど信じられないが、是非とも手に入れたい! しかし、国内ネット通販では7千円後半でしかも在庫切れ。よく利用している外通のW社やC社では、1万円以上のプレミア価格
品薄なのか、足元見られているのか誰がこんな値段で買うんだ? 諦めかけていたが、何とBIKEINNで2.0新生タイヤが通常価格で販売している。しかし、なぜかTLRはCorsa 2.0 TLRしかない。4Cコンパウンドは耐久性が2倍、転がり抵抗は半分と謳っているので、世界最速を邁進するCorsa Speed 2.0 TLRに気持ちが揺らいでいたが仕方なし。Corsa 2.0 TLRなら、旧Corsa Speed TLRと変わらない転がり抵抗の低さで、4倍近い耐パンク性になる!かどうかはわからないが、シートポスト裏がシーラントスプレーでベトベトになる機会は減るだろう。

インプレ
履き替えたCorsa 2.0 TLRは、コルスピ強化版といった感じ。ゴム厚が少し厚く、耐久性は高そう。それでいて、コルスピと変わらないしなやかさがある。
今回、リアのみ交換しフロントはコルスピのまま。それほど走行性能は変わらないと思っていたが、少し重い。
前後コルスピの走行性能を10とすると、8程度まで低下した。これまでギアチェンジせずに上れるようなところでも、重さを感じギアを下げる。どこまでも走れそうな軽快さも薄れた。しかし、リアのコルスピはリスクが大きいから仕方なし。グリップが増し安定性は上がったのが唯一の救いか。コルスピ2の耐久性が上がっているようなら、交換したい