レッド ¥98,000 ヤフーショッピング

フットプリント付の新品が残り1つだったので、悩んだ末買ってしまった。本来ならテントだけで10万超である。
ヒルバーグは堅牢性・耐久性重視のため、登山や自力キャンプで使える軽量テントが少ない。数少ない2㎏以下テントも非自立式だったり、前室が無かったりクセが強い。
その中で、ROGENだけが自立式で重量1.8㎏、広い前室が2つあり、室内の長辺2.3mと広い。


ポール2本でドームを作り、短い3本目で安定感あるでっぷりした形状の広大な内部空間(室内拡張と両前室のひさし)を作る。フライの裾が緩いアーチを描くのも美的感覚をくすぐられる。これは美しいだけでなく、通気性UPと水滴がポールに収斂される機能を持つ。
どれもこれも似たような形状になりがちのクロスポールテントでも、ヒルバーグにかかると芸術性と快適性を両立した逸品が出来上がる。


上半身を少しでも広く取るためか、インナーの短辺が10㎝の差がある。3本目のポールが微妙に中心からズレて広い方を通っている理由がわかった。
しかし、このアシンメトリー構造のため、傾斜があるサイトで狭い方を頭にしてしまうことがある。設営時は気を付けねばならない。ポール固定ベルトがある方が足元と覚えればよい




しかし、唯一の難点がインナーの2つの大きな出入口がメッシュのみ。高温多湿な日本の夏にはいいが、秋冬は寒風吹きすさぶ。冬使用は考えていない3シーズン用なので仕方ないが、防風対策を考えねば