本日1回目のコロナワクチン接種を受けた。本当は2ヶ月以上前に接種券は来ていたが、ワクチン配送遅れの予約不可と直近のマイスケジュールに空きがなかったので遅くなった。おかげで長い間様子見ができた。
以前は正直、ワクチン接種はしたくなかった。ネットでは動物実験で使用したネコが全滅しただの、世界初のmRNAワクチンで長期治験ができておらず未知の副作用があるなど、まともな薬品ではない印象だった。
現在でも少なくとも千人以上のワクチン接種に起因する死者が出ており、阪大M名誉教授の息子さんやプロ野球選手が急死したりと死の注射としか思えない。しかし、海外ではワクチン接種は義務だったり、接種していないと外出も制限される事態になってきた。
すでに両親は2回接種してから2ヶ月近く経ったが問題なく、捻くれ者のひろゆき氏さえも接種完了したようだ。そして、とうとう私のワクチン予約日がやってきた。
郵送で来たアンケート用紙を記載し、昼前に診療所に行って医者の問診「今日の体調はOK?」「アルコール消毒大丈夫?」後、ブスっと一発!注射は全く痛くなくあっけなく終了。風邪で打ったニンニク注射の方がよほど痛い。
15分ほど待機し、血中酸素濃度を測定したら98%で無事解放。歩いて帰宅時も高熱その他の健康障害はなし。しかし、日が暮れてから患部の肩が痛い。腕は痛くて上げられず。よく見ると、患部左肩が右に比べ明らかに腫れている。これが筋肉ならカコイイのだが・・。体温は正常。
こんなものを毎年打つことになるのだろうか?

追記
1日後 
肩の痛さは治らない。腕は上がらないし、患部を下にして横になれない。それ以外の症状なし
2日後
痛さはほぼ感じない。腕も普通に上げられる。回すと鈍痛がする。昨日は一歩も外出せず安静にしていたので、今日は我慢できずに近所を10㎞ほどランニングした。腕立て伏せも20回ほどしたが全く問題なし。全回復と言ってよい
でも、アナフィラキシーショックは2回目がヤバいというし・・。打つか打たないかは、あなた次第