支那1南地区  晴れ 
たまたま実家の車が空いてたので、一年ぶりに焚き火をした。志那1南部は、仮設トイレしかないのでほとんど人がいない。北部には水洗トイレに洗い場や自販機まであるので人が多い。

たまにはテントを広げてみる。幕があると落ち着く。動物の性というものか
このカコイイ幕ノルテントは、直径3mと大型だが、一人でも10分あれば建てられる


志那1北部
散歩がてら様子見に行く。平日でも5張り以上設置していた






日が落ちて、いよいよ薪に火をつける


自作の焚火台は、大きい薪の重量によく耐える


火の温かさは格別。熾火まで堪能し、全て灰にしてから帰宅。泊まりは面倒なのでなし