南直哉 著 
お遍路を結願し、仏教を一言でいうと常識を覆せ!というパンクでアナーキーなものだと思っていた。しかし、本書の前ではまだまだ考えが浅かった。自分など大切なものではない。成功しようと渇望するな、夢を叶えようと思うなと自己啓発本などでよく書かれていることの真逆を行く。人生はいくらガンバっても思うようにはならない。自分の意志で向かっていくことなどほとんどない。冷めた目で物事を捉える習慣をつけろと。
いい人生も悪い人生もない。生きることに意味などない。ただ生きているだけ。名誉も恥もない。嫌な事ならさっさとやめろ。力が抜ける、心が楽になる思想。それが仏教。
41lzCwLrg+L._SX436_BO1,204,203,200_